低気圧になると体調が悪くなるのはなぜ

小話アイキャッチ




睡眠不足でもないし、前の日に飲みすぎたりもしていない。それなのに、朝起きると妙に具合が悪い、頭が重たい、膝が痛いなどなど。

これは、気象症や天気痛と呼ばれるものです。曇りや雨、または台風なんかがくると気圧下がります。

すると、体内の圧力(血圧など)が外の環境よりも上がり、骨や神経を圧迫してしまいます。

結果、頭痛や古傷のある膝などが痛み始めるのです。

偏頭痛持ちの人は、血圧が上昇することで交感神経が刺激されて、頭痛が始まることがあります。

対処の方法は、頭痛薬を飲むこと。マッサージなどで血流を良くしてしまうと逆効果で、益々、痛みが増してしまいます。











小話アイキャッチ

ABOUTこの記事をかいた人

マッサージ業界で働く整体師のりすけです。 肩こりや腰痛に悩む7000人以上の方々を施術して分かった「これなら間違いない!」と言える、誰にでも出来るマッサージやストレッチのやり方。 利用してみてお得だったサービスやおすすめのマッサージ店。 実際に使ってみて「これはイイ!」と納得できた健康グッズを、プロの視点から紹介します。