腰痛の人は浅く座ってる!腰に負担をかけない座り方

小話アイキャッチ

パソコンの前に一日何時間も座って仕事をしている人は、座り方が悪いと腰痛になります。理想の座り方は、骨盤の上に上半身がしっかりと乗っかっていること。

リクライニングは垂直に立てて倒れないようにし、背もたれの高さを調節できるタイプの椅子ならおへそと同じ高さに、脚が床と平行になるよう椅子の高さを下げましょう。

これが腰に負担を掛けない理想の座り方です。しかし、会社の椅子が古くてそんなセッティングができなかったり、サイズの合わない椅子を使っている場合もあると思います。

そんな方は、とにかく骨盤を真っ直ぐに立てて上半身を骨盤に乗っけることが出来るように、クッションなどを背もたれや座面に敷いて、少しでもいい姿勢を保てる工夫をしてみましょう。

座るだけで悪い姿勢を自然に正す携帯座布団「知恵まっと」













小話アイキャッチ

ABOUTこの記事をかいた人

マッサージ業界で働く整体師のりすけです。 肩こりや腰痛に悩む7000人以上の方々を施術して分かった「これなら間違いない!」と言える、誰にでも出来るマッサージやストレッチのやり方。 利用してみてお得だったサービスやおすすめのマッサージ店。 実際に使ってみて「これはイイ!」と納得できた健康グッズを、プロの視点から紹介します。