寝相でわかる体からのSOS!バンザイ寝に気をつけて

寝相でわかる体からのSOS!バンザイ寝に気をつけて

寝ている時の姿勢で、体や心の状態が分かるって知っていましたか。

横向きで眠る人、大の字で眠る人、仰向きで微動だにせず眠る人、それぞれに健康状態が現れています。

中でも最も要注意なのが万歳の姿勢で眠る人、あなたは朝起きた時、バンザイしていませんか。

バンザイ寝は体のSOSサイン

疲労のサイン

普通の眠る姿勢は仰向けで手は真っ直ぐに降ろされた状態です。ほとんどの人は基本的にこの姿勢で眠りについて、寝返りをうちながら横向きになったりします。

健康な人はこのような寝姿勢が普通なんですが、疲れが溜まりすぎて体がSOSのサインを出した時に取る寝姿勢があります。

それは、ちょうど万歳をしたときの格好で腕を頭の上に挙げた状態、\(^o^)/ まさに、こんな感じです。

万歳の姿勢は、首、肩、背中上部の筋肉を伸ばすので、肩こりや眼精疲労がひどい時に行うストレッチとしては最適です。

デスクワークなどで前傾した姿勢をとる続けることで前縮した肩周りの筋肉を、寝ている時に体が自然に万歳の姿勢を取って元に戻そうとしているのです。

短時間のストレッチとして、万歳の姿勢を取ることは硬くなってしまった筋肉を緩める為に効果的ですが、睡眠時間ずっとその姿勢というのは危険です。

バンザイ寝は睡眠の質が落ちる

睡眠不足

バンザイ寝の格好は肩から指先にかけての動脈が引き伸ばされることになります。その為、腕が疲れ血行も悪くなり、筋肉が硬くなることで四十肩や五十肩の原因になります。

また、気道が狭くなるので、いびきをかきやすくなるとも言われています。

血行を悪くするので体を冷やしてしまうので翌朝も疲れが残る原因となり、その疲れがさらにバンザイ寝を繰り返させる悪循環を生みます。

つまり、バンザイ寝はすればするほど体の不調を悪化させていく危険な寝相と言えます。

根本的な改善をすべき時のサイン

首、肩、背中の強いコリや眼精疲労の蓄積がバンザイ寝を生み出す根本的な原因。

朝起きた時に、万歳の格好を取っている人は体がSOSのサインを出しているということです。

体のケアが必要ですから、寝ている時じゃなく起きている時に意識して万歳ストレッチを実践しましょう。

ストレッチだけでなく、寝る前にしっかりとお風呂に浸かったり温湿布を使って肩や背中の筋肉を温めるだけでも血流が良くなるので、バンザイ寝の予防になります。

それでも、バンザイ寝がなおらない人は根本的に体の不調を取り除く必要があります。その場しのぎの、もみほぐしやマッサージでは根本的な不調の改善は出来ません。

体の歪みを整え、コリかたまった筋肉をほぐしてくれる本格整体がおすすめです。

整体院として有名なKARADAファクトリーなどでは、3ヶ月間掛けて体の歪みをきちんと整え、首肩こりや腰痛、眼精疲労などを改善していきます。

つまり、バンザイ寝をするほど疲れが溜まってしまった体の改善には、それくらいの時間が必要ということです。

カラダファクトリーはこちら

赤ちゃんはどうしてバンザイ寝してるの?

生まれて間もない赤ちゃんがバンザイ寝するのは、体温調整が上手く出来ないので布団から手を出して熱を放出している。

小さな肺を目一杯使う為に、肺が広げやすい姿勢を取っている。

など、赤ん坊がバンザイ寝をする理由は諸説あります。いずれにしても、体に力を入れていない為、赤ん坊のバンザイ寝は自然なポーズとされています。

まとめ

朝起きた時、万歳の格好をして目覚める人は体が首肩背中などの筋肉の緊張をほぐそうとしているSOSのサイン。

短時間なら効果的なストレッチになるが、睡眠中の長い時間の万歳の格好はかえって体に良く無い。

いびき、血行不良などで睡眠の質が悪くなり、悪循環を生み出すバンザイ寝。

起きてるときに万歳をしてストレッチをする、体を温めて眠る、整体で体の歪みを改善するなどして根本的に体のケアをしていく必要がある。

赤ちゃんがバンザイ寝なのは、自然なことで大人のバンザイ寝とは意味が全く違う。











寝相でわかる体からのSOS!バンザイ寝に気をつけて

ABOUTこの記事をかいた人

マッサージ業界で働く整体師のりすけです。 肩こりや腰痛に悩む7000人以上の方々を施術して分かった「これなら間違いない!」と言える、誰にでも出来るマッサージやストレッチのやり方。 利用してみてお得だったサービスやおすすめのマッサージ店。 実際に使ってみて「これはイイ!」と納得できた健康グッズを、プロの視点から紹介します。