ガチガチの背中こりに効く!二の腕マッサージを覚えよう




カッチカチに硬くなった鉄板のような背中は、肩こり首こりを自ずと引き起こします。

猫背になる原因となり、見た目にも健康にも絶対に良くありません。

しかし、背中はマッサージしたくても自分の手が届かない。

整体師でも肘を使ってほぐす背中のコリ

肘でマッサージ

背中の筋肉は大きくて強いので、こりが出来て硬くなるとかなりの力でマッサージしないと効きません。

プロのマッサージ師や整体師も指ではなく、肘を使ってマッサージするほど背中は硬くなるとほぐすのが大変な箇所なんです。

それほど硬くなる背中の筋肉を自分でマッサージしてほぐすのは、言うまでもなく大変。そもそも、マッサージしたくても手が届きません。

仕方なく、壁や柱に背中をこすりつけて筋肉を押してみたりしていませんか?

それではあまりに気持ちよくありませんし、筋肉を痛めてしまう可能性があり危険です。何より人にそんなところ見せられませんよね。

背中の筋肉は腕まで伸びている

二の腕

背中の筋肉は背筋を真っ直ぐに伸ばし姿勢を維持する役割があります。その為、たくさんの種類がある背中の筋肉はどれも大きくて強靭です。

その中でもとりわけて大きな筋肉である広背筋や僧帽筋は、背中から腕にかけてくっついている筋肉です。

背中を自分でマッサージすることは出来ませんが、腕なら出来ます。腕側に付いている筋肉をほぐすことで背中の筋肉をほぐすことが出来ます。

つまり、腕をほぐすことで背中の筋肉がほぐれていき柔らかく緩みます。

背中のツボは二の腕に集中している

腕をやみくも満遍なくマッサージしてもある程度は背中のこりや張りは解消できますが、せっかくなら効果的にマッサージしましょう。

背中のこりに効くツボは腕の中でも、二の腕に集中しています。

腕をマッサージするというよりも、二の腕をマッサージするイメージで行うのが背中のこりを解消するポイントです。

脇のしわの少し上にあるツボ

けんてい

肩貞(けんてい)脇と腕の境目に出来るしわの部分の少しだけ上にあるツボです。

脇に親指を刺しこんで、四指で押し揉むようなイメージでマッサージしましょう。こりこりとした塊を指先に感じたら、それを柔らかくしていくイメージでマッサージすると上手くいきます。

痛いけど気持ちいい位の強さを目安に行いましょう。

二の腕のちょうど真ん中にあるツボ

消れき

消れき(しょうれき)肘から指約三本分上にある二の腕のちょうど真ん中にあるツボです。

背中のこりをほぐす以外にも、肩こりや頭痛、首痛にも効果があると言われます。

ピンポイントで狙うのは難しいので、その周辺を親指以外の四本の指でほぐすようにマッサージしましょう。

一番良く効くツボはこれ

じゅえ

先程の消れきのツボから指二本分上に上がったところにあるのが、臑会(じゅえ)というツボ。

紹介するツボの中でも最も背中のこりや疲れに効果があります。

もう面倒くさい時はひたすらにこのツボだけを押していてもいいと思います。

二の腕のマッサージをする時はこのツボを目安に狙ってマッサージしておけば背中の疲れに効きます。

まとめ

背中の筋肉は背筋を真っ直ぐに保つ役割があるので大きくて強靭な筋肉が集まっている。

疲れが溜まってこりが出来ると整体師でも肘を使って施術するほど硬くなってしまう。

背中の筋肉の中でも大きなものは背中から腕にかけて伸びているので、腕をほぐせば背中も柔らかくなる。

腕の中でも二の腕に背中のこりに効くツボが集中しているので、二の腕をマッサージするのがおすすめ。

ツボをピンポイントで狙うのではなく、あくまでも目安にしてその周辺をマッサージすると上手く効かせることが出来る。











ABOUTこの記事をかいた人

マッサージ業界で働く整体師のりすけです。 肩こりや腰痛に悩む7000人以上の方々を施術して分かった「これなら間違いない!」と言える、誰にでも出来るマッサージやストレッチのやり方。 利用してみてお得だったサービスやおすすめのマッサージ店。 実際に使ってみて「これはイイ!」と納得できた健康グッズを、プロの視点から紹介します。