頭が重だるい首が辛い!後頭部と首の境目のマッサージのコツ

ちゃんと寝たのに頭が重たい、首が痛い、そんな時は後頭部と首の境目を狙ったマッサージがおすすめです。

頭と首の境目にある筋肉に狙いを定めたピンポイントのマッサージで頭スッキリ、首こり解消。

後頭部と首の境目がこりやすい

後頭部

頭がずっしりと重たく感じてパソコン作業が苦行でしかない、頭痛とまでいかないけれど後頭部と首の境目あたりにコリを感じてしんどい。

マッサージを受けに行ってみてもあんまりその辺りをしっかりと押してもらえず微妙な仕上がりになったことありませんか。

重たい頭を支えている首は絶妙な筋肉のバランスで成り立っています。そのバランスが崩れると頭がずっしりと重たく感じてくるのです。

特に、首と頭の境目である後頭部周辺にはたくさんの筋肉が付いており、コリが出来て硬くなると重くてだるい、非常に不快な感覚がつきまといます。

首と頭を繋ぐ後頭部に集中している筋肉をマッサージして、この不快感を解消しましょう。

2箇所に絞ってマッサージ

後頭部と首の境目にある代表的な筋肉は4つあります。中でも、ツボの位置と合致する2つの箇所を狙ってマッサージすることで効率よく筋肉をほぐすことが出来ます。

2つのツボには、頭の重だるさや首こりの解消だけでなく眼精疲労にも効果があるので、パソコン仕事に疲れてきた時にもおすすめです。

1つ目のツボ

人差し指と中指を使って押し込む様にマッサージしましょう。疲れが溜まっている人はコリコリとした塊を指先に感じることがあります。

その塊を小さく削っていくようなイメージで揉んでいくのがコツです。

お風呂に浸かっているときやシャワーを浴びながらマッサージすると、すごく気持ちのいい箇所です。

2つ目のツボ

後頭部の髪の生え際にある2つの太い筋の外側にあるくぼみが2つ目のツボです。

親指を使って包み込む様に押すのが基本的なやり方ですが、手の小さな女性や頭の大きな人はこのやり方だと押しにくいと思います。

そんな方は、片方ずつ中指などを使って自由に押しやすいやり方で大丈夫。とにかくしっかとした強さで効かせるイメージを持って押しましょう。

片方を押し終わったら反対側も必ず押すのを忘れないようにしましょう。

専用グッズもおすすめ

後頭部と首の境目は場所的に自分では中々押しづらい箇所なのが難点です。コツを掴めば段々と上達してくるのですが、面倒だという方には専用のマッサージグッズがおすすめです。

頭の重さを利用して後頭部と首の境目にある筋肉をほぐすことが出来ます。

さらに、電子レンジで温めることが出来るので熱の力を利用して筋肉を柔らかくし、マッサージ効果を高めることも可能。

頭の重だるさ、首の疲れ、眼精疲労に悩む方におすすめです。

まとめ

頭の重だるさは後頭部と首の境目にある筋肉のコリが原因で起こる。代表的な4つの筋肉に関わる2つのツボを狙って押すのが最も効果的なマッサージのやり方。

ツボは左右にあるが、同時に押すことにこだわる必要はない。押しやすいやり方で、片方ずつ押しても問題ない。

しっかりとした圧で押す、コリを指先に感じたら削る様なイメージでマッサージ。

お風呂の時など筋肉が温まった状態で行うと効果が出やすい。自分では上手く押せない人は専用のマッサージグッズを使ってみる。











ABOUTこの記事をかいた人

マッサージ業界で働く整体師のりすけです。 肩こりや腰痛に悩む7000人以上の方々を施術して分かった「これなら間違いない!」と言える、誰にでも出来るマッサージやストレッチのやり方。 利用してみてお得だったサービスやおすすめのマッサージ店。 実際に使ってみて「これはイイ!」と納得できた健康グッズを、プロの視点から紹介します。